Desert

大王製紙の歴史と沿革

By ティッシュソムリエ, 2015年3月26日

1928年
井川伊勢吉、三島にて製紙原料商を始める
1943年
「大王製紙株式会社」設立(14工場が合同合併し設立)
1947年
井川伊勢吉社長が銅山川の流れを見たことから、銅山川疎水事業の取り組みが始まる
和紙抄造から洋紙抄造への転換を図る
1950年
新聞用紙市場へ本格参入する
1953年
上質紙の製造販売を開始
銅山川第一ダム・柳瀬ダム竣工
1954年
クラフトパルプ製造設備、KPI設備を新設
四国初のKP工場で未晒パルプの製造を開始する
1955年
KP晒設備が完成し、晒クラフトパルプの製造を開始する
1957年
山林を購入し育苗造林を開始
川之江・3号抄紙機(円網多筒式)新設
大王製紙初のライナー専抄機で、日本初のクラフトライナーを抄造
オールバージンパルプのライナー(Kライナー、KSライナー)を上市
三島・10号抄紙機(長網多筒式/新聞用紙2本取り、142インチの大型抄紙機)新設
KP配合の高品質新聞用紙を上市
1961年
株式を大証・東証の一部へ上場
1963年
三島・自家発電設備(1号タービン、ボイラー)新設
1966年
海外留学制度の第1号生が米国メーン大学へ留学
1967年
5月に北米チップ専用船第1号「大王丸」が就航し、7月に三島港へ初入港する
村松工業地A工区の埋立着工(~48年9月)
1969年
三島・DIP製造設備を新設(脱墨パルプの生産開始)
1972年
村松工業用地B工区埋立に着工(~50年5月)
1973年
新工場・N1号抄紙機(インバーフォーム五層抄き/ライナー抄造)新設
ADP、WPの古紙処理設備新設
新工場・N2号抄紙機(インバーフォーム五層抄き/ライナー抄造)新設
新工場・N3号抄紙機(長網多筒式/新聞用紙5本取り)新設
1974年
三島新工場竣工
エリエールゴルフクラブ(財田)オープン
1975年
本社に営業本部を設置し、総合製紙メーカーへの独自の販売体制を築く(販売戦略”自ら生産したものは、自らの手で売る”の原点となる)
1976年
三島・第3次総合排水処理設備竣工
(46~52年一連の公害防止設備を完成させる)
1977年
TMP設備完成
新工場・N4号抄紙機(ベルベフォーマー型/新聞用紙5本取り)新設
(N4号機完成によって三島工場は、単一工場として世界最大の規模となる)
1978年
一般紙市場に本格参入、PPC用紙の製造販売を開始
1979年
三島工場が53年度電気使用合理化優秀工場として通産大臣賞受賞
フォーム用紙の製造販売を開始
ティシューペーパー「エリエール」の製造販売を開始(家庭紙市場に参入)
レストラン・エリエールの第1号店を開店(外食事業に進出)
トイレットティシューの製造販売を開始
1980年
塗工紙(コート紙)分野に参入
紙おむつの製造販売を開始
1981年
ノーカーボン紙の製造販売を開始
村松工業用地C工区埋立着工(~63年6月)
1982年
生理用ナプキンの製造販売を開始
第1回エリエール女子オープンゴルフトーナメント開催
1983年
三島工場が、全国先端事業所百選のFA部門に選ばれる
1984年
株式が大阪証券取引所市場第一部に昇格
1985年
ミルワイドシステムの稼動
(紙パ業界初の総合生産管理システムが順次稼動)
1986年
ティシューペーパーのシェア1位に
1987年
N7号機他の起工式を挙行し三島臨海工場の建設に着工
1988年
東京証券取引所市場第一部に株式を再上場
新工場・11号タービン設置(自家発電率が100%になる)
1989年
南米チリに植林会社「フォレスタル・アンチレ」を設立
1990年
三島臨海工場の新設計画が完了
国内初のクラフト再生紙全品種の品揃え
1992年
エリエールテクセル(株)を設立(粘着紙分野に参入)
1993年
創立50周年
DAIO地球環境憲章を制定
1995年
井川高雄会長がベルナルド・オヒギンス勲章を受賞
1996年
いわき大王製紙(株)設立
1998年
いわき大王製紙(株)が日本経済新聞社の「優秀先端事業所賞」を受賞(環境への配慮等が先進的な事業所が表彰対象)
業界で初めて古紙100%の新聞用紙生産・販売開始
エリエールスクエア札幌 渡辺淳一文学館オープン
エリエールスクエア松山オープン
1999年
第8回地球環境大賞「環境庁長官賞」を受賞
(産業の発展と地域環境保全の共生に貢献した企業が表彰対象)
2000年
三島工場、いわき大王製紙ISO9002(品質管理・保証システム)認証取得
三島工場、川之江工場ISO14001(環境マネジメントシステム)認証取得
豪州タスマニア島にて植林開始
いわき大王製紙 リサイクル推進功労者等表彰で通産大臣賞を受賞
2001年
当社チリ植林地で育てたユーカリのチップが初めて三島工場に入荷される
富郷ダムより工業用水取水開始
RORO船就航
「超々軽量」新聞用紙の開発で2000年日経優秀製品・サービス賞受賞
2002年
FSC®森林認証(CoC認証)取得
フォレスタル・アンチレ社 FSC®認証(FM,CoC認証)取得
2003年
民間企業への電力販売事業を開始
FSC森林認証紙の販売を開始
バイオマスボイラーが完成・稼動
2005年
国内で初めて製紙スラッジからの填料を再生し、製紙原料として再利用することに成功
製紙スラッジを再利用した100%資源循環紙(完全再生紙)発売
金王衛生用品有限公司設立
2006年
北越製紙との技術提携基本契約を締結
2007年
三島川之江港がリサイクルポートに認定
名古屋パルプ(株)と合併し、名古屋パルプ(株)は大王製紙(株)可児工場となる
三島工場に塗工紙生産設備(N10マシン)が完成・稼動開始
P&Gの大人用紙おむつブランド「アテント」を事業移管
2008年
再生填料製造設備稼働
グリーン物流パートナーシップ会議の推進事業に当社と紀州製紙が認定
2009年
薄くて軽いコピー用紙「まじ軽っ!(マジカル)」を発売
古紙パルプと間伐材パルプを組み合わせたコピー用紙「木になる紙」を発売
2010年
新・潤いティシュー「エリエール+Water」を発売
2011年
エリエールインターナショナルタイランドを設立し、タイに当社初の海外自社工場となる子ども用紙おむつ工場建設開始